自称次期エースの山洞

恒例の誕生日イベントを開催しましたー!

Published by:

コールセンター事業部の山洞です。

 

インターゾーンでは、毎月誕生日の従業員をお祝いする《誕生日イベント》が恒例行事となっています!

もちろん!社員のみならず、インターゾーンで働く全従業員が参加対象です!

 

本日は、8月と9月の方々を対象に、「運動会の季節」ということで《チーム対抗!プチ障害物競争》を社内にて実施いたしました。

 

第1走者は「パン食い競争」から始まり、第2走者は写真に写っている3名のインターゾーン社員の名前をフルネーム且つ漢字で書くという「名前早書き競争」を行いました!

dsc_0011

「今日は汚れなくていいんだね・・・」と安心してパンを頬張る山田部長!

%e5%9b%b31

みんなから応援されながら、社員の名前をスラスラ書き上げていく東谷さん!

dsc_0018

優勝は山田チームの山田部長、時田さんペアでしたー!おめでとうございます!

dsc_0020

レース中BGMが流れない!というアクシデントもありましたが、最終的に盛り上がってよかったです。

 

これからもインターゾーンはどんどん従業員が増えていき、拡大していきます。

これからも従業員全員が同じ方向を向いて楽しく仕事ができるように、この「活気」と「雰囲気」は継続していきたいですね!

やる気元気松尾

賽は投げられた

Published by:

お久しぶりです!やる気・元気・松尾です!
更新に間を空けてしまいました・・・!以後気をつけます!

さてさて。前回の記事を書いたのは7月。
今回営業部配属になって初の投稿です。

・・・そう!「営業部」に配属されたのです!
これまではメールやお電話でお客様と接してきていましたが、
これからは実際に自分で足を運び、お客様のもとへお伺いする機会が増えるようになります!(鼻息)

「これからは」というより、すでに社外にでる機会はどんどん増えております。
メインで担当させて頂くのは北海道・東北のエリア。
生まれ故郷の九州とは真逆なんです。

早速!たくさんのお客様にご挨拶にお伺いさせて頂く予定です!
急がないと・・・私の担当エリアは雪が・・・。
おそらく最も社内で雪に不慣れな人間なので、
なにはともあれ、急ぎます!

1年前の自分は、まさか営業部に配属しているなんて思いもしなかったでしょう。
本当にお客様に恵まれたなあと思う毎日で、学びと感謝だらけの日々です。

先日は仙台のお客様のところへお伺いさせて頂きました。
社内の大先輩との同行だったのですが、
お客様との打合せのスピード感に圧倒され、
噛み砕いて、反芻し、付いていくのに必死でした。

改めて一刻も早く成長し、お客様のお役にたてるようにならなくてはならないと
肌身を以って痛感いたしました。

気持ちや想いだけではなく、それが説得力を伴ったアクションや結果として
表出できるよう、日々精進を続けます。

弊社は9月で新しい期がスタートします。
つまり、まさに先日新しい期を迎えたわけです。

私の今期の目標は「考え抜く」ことです。
これまでもそうでしたが、
これからも自分と時間との戦いの中により一層身を投じて、
これまでよりも熱を持った働きぶりを目指します。

今期もどうぞ、よろしくお願い致します。

 

—————————————–

仙台市内にそびえる大仏様。
身長100mもあるそうです。
荘厳でした・・・。

image1

自称次期エースの山洞

何よりもまず”業界構造”を把握することが大前提!~ポーターの競争戦略PART2~

Published by:

ポーターは、企業が競争優位に立つための要素は2つあると言っています。
1つは<収益生の高い事業活動を行うこと>で、もう1つは<独自性のあるサービスを提供すること>だそうです。

 

<収益生の高い事業活動を行うこと>は、サービスを創るところからクライアントにサービスとして提供するまでの事業活動を、いかに低コストで効率的にできるかが実現の近道であると前回のブログで紹介しました。

 

今回のブログでは、<独自性のあるサービスを提供すること>を実現するためにはどんなことが必要になってくるのかを紹介します。

タイトルにも記載しましたが、サービスを提供するうえでは、何よりもまずサービス提供先の業界構造を把握することが大前提だとポーターは言っています。

 

ポーターが提唱しているのは、「5つの競争要因」というものです。

「5つの競争要因」とは、事業活動をする中で影響を受ける要因を、


1.買い手 2.サプライヤー 3.代替品 4.新規参入 5.既存企業


この5つに分け、それぞれが業界に対してどのような影響を及ぼしているのかを把握するためのモノです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<利益>=<価格>-<コスト>

売り上げを高めてコスト削減することで利益は最大化します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

▶「似た商品がある時」や「買い手の品質に影響を及ぼす時」は買い手(サービス受給者)の交渉力が強くなります。
そうすると販売価格を抑えて販売したり、提供するサービスの品質レベルを上げたりしないといけないため、利益が圧迫されてしまいます。

▶サービスを生み出すために必要なサプライヤー(供給企業)は、従業員もカテゴライズされます。
労働人口の減少はますます進行する中で、現場での人手不足というのは顕在化します。
そんな中でも品質を維持向上させてサービス提供を行う上では、マーケティングBPOという視点が非常に重視されるようになっていくのではないでしょうか。

▶他の企業のサービスでも同じ見返りが受けられる場合(代替品)、スイッチングコストが低いとみなされてしまい、買い手の交渉力は強くなってしまいます。

▶全く異なる業態の企業が、該当の市場に参入する場合(新規参入)に考えられる障壁の高さはどの程度か。
参入投資や参入することによるバックはどの程度なのか。

▶同じ業界内の既存企業はどんな顧客をターゲットにしていて、マーケットは拡大傾向にあるのか。
縮小傾向にあると競争は収斂し、激しくなってしまいます。
このように業界構造を把握することで、業界から求められているニーズを的確に見極めることができます。

 

その視点に立って自社のサービスを見直すことで、他社が簡単には模倣できない独自性のあるサービス提供ができる企業に成長していくとポーターは言っています。

 

私はまだ経営者ではありませんが、このような経営者目線で仕事に向き合っていきたいと思います!

とにかく明るい竹内

~会社以外のコミュニティ~

Published by:

学生時代、就活というテーマでブログを更新してきましたが、

少し息抜きで会社以外のことについて書いてみたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

学生の皆さんは学校、アルバイト先、地元の友達、サークルなどたくさんのコミュニティに参加していると思いますし、実際僕もそうでした。

それぞれのコミュニティによって、目的が同じ人が集まっているもの、色んな年代の方がいるもの、時には自分と合わないな。なんて思う人がいるものもあるでしょう。

 

今になってようやく気付いたことですが、学生時代、特に大学生のときは周囲からの刺激や学べることがかなり多いですよね…

自由な時間を自由に使えるってとても有意義なことだと思います。

これを学生時代に気付ける人はそう多くないんですかね。

(自分もその一人ですが。)

 

しかし、ひとたび社会人になると、

20歳ほどから定年まで働くとすれば約40年間、日本人は“仕事”というものを中心に生活するようになります。

例えば9時~18時まで、年間約250日くらいは働いているとすると約2250時間になります。

そうなると会社の上司、先輩、同期、後輩と過ごす時間は必然的に多くなり、否が応でも仕事が生活の中心になるでしょう。

もちろん、その中でも刺激や学べることはたくさんあります。これは間違いないです。

 

しかし、いくら仕事中心の生活になってしまうことが仕方なくても、その中だけで生きていくのはどうかななんて、ふと考えたりします。

会社も色々な方が集まる場所ではありますが、もちろん会社ですから多少の差異はあれど、少なからず考えや目的は同じ、または近しい人たちが集まっているはずです。

そうなるとコミュニティとしては1つということになってしまい
学生時代に比べたら、周囲からの刺激や学びは少なくなってしまうのかなと思います。

 

ぜひ、大学生の皆さんには今の自分の状況が幸せで、なんでもできるときなんだということを再認識してほしいと思っています。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

今回、なぜこんなことを書いたのかといいますと、

僕は地元の草野球チームに所属しているのですが、その野球の中で勉強になったり、色んな経験をすることが多いからです。

 

事業主をやっている方、同じ社会人でも職種もばらばら、立場もばらばらで自分より年下もいれば、50歳近い方もいます。

一番大きいのは全員が同じ地元で育っているので、距離が近いと言いますか、なんでも相談出来たり、言い合えたりする仲ということですかね。

真剣な話から、ふざけた話まで、会社とはまた違ったコミュニティであることは間違いありません。

 

自分の中にないものを知ることができるのは全て勉強です。

色んなコミュニティの色んな人の色んな考えを自分のものにできれば、それほど強いことはないのかなと思います。

インターゾーンの理念にもある、

「最高のコミュニケーションを追求することで活力あふれる社会をつくる」

社外にまで視野を広げてみると色々気付くこともあるかもしれませんね。

 

 

お笑い芸人の島田紳助さんがテレビでこんなことを言っていました。

 

「勉強するのは将来の選択肢を増やすため。」

 

島田紳助さんは勉強をする意味が全く分からず生きてきたが、自分の娘さんに「なんで勉強するの?」と聞いたところ「将来の選択肢の幅ができるから」と言われ、何も言えなかったそうです。

 

机に向かってノートを開いて…ということだけが勉強ではありません。

ぜひ、選択肢を増やすために勉強してみてください。

今がチャンスです!!!

自称次期エースの山洞

“あたりまえ”になっていることを疑う~ポーターの競争戦略part1~

Published by:

私は2週間に1度、インターゾーン各事業部のリーダー達5名が集まり、事業部のリーダーとして「必要な考え方」や「仕事の取り組み方」を、
約1時間半参加者で共有、勉強する<リーダー勉強会>というものに参加しています。

 

リーダーとはどうあるべきなのか、何を意識して仕事をしていけばいいのかということは、普段の仕事の中で学ぶというのはなかなか難しかったりもします。
最近、リーダー勉強会では「マイケル・ポーターの競争戦略」をテーマに挙げています。

 

今回のブログから、勉強会で学んだことを生かして今何を目指して仕事をしているか、勉強会で得た学びを紹介していきたいと思います。


 

 

“あたりまえ”になっていることを疑う

 

タイトルにも書きましたが、私は今、サービスを創るところからクライアントにサービスとして提供するまでの活動をいかに低コストで効率的にできるか。
事業部を管理する立場として、今まで”あたりまえ”になっていた仕事を見直し、より事業部の収益性を高めることを目指し日々仮説・検証・実行をしています。

 

企業が競争優位に立つための1つの要素として「収益性の高い事業活動を行うこと」が必要だとポーターは言っています。

 

競争というと皆さんはゼロサムゲームを想像するかもしれません。
運動会の徒競走のように1位になったら勝ち、そうでなければ負けとなってしまう。

ゼロサムゲームは企業間競争でもありがちで、業界内の企業が1位を目指そうとすると起こる現象です。

 

「だったら1位になればいいじゃん!」

徒競走では頑張って1位を目指せばいいのですが、企業間競争でこの考え方は誤った誤解だそうです。

 

なぜかというと、みんなが「最高」を目指すと競争の収斂が発生します。
そうするとサービスに対するユーザーの判断基準が「価格」のみになってしまい、より安価なサービスをユーザーは求めるようになります。

そうなると企業間で価格競争が起こり、気づけば企業の収益性は下がり、最終的には経営が苦しくなってしまいます

 

だからこそ、サービスを創るところからクライアントにサービスとして提供するまでの活動をいかに低コストで効率的にできるかが、業界内で競争優位に立つには必要というわけです。

 


今回のブログはほんの触り程度ですが、part2・part3とまだまだ発信し続けたいと思います!

 

いや~、まだまだ成長できそうです・・・。